ロールスクリーン取り付け方法

ロールスクリーン取り付け方法(ロールカーテン取り付け方法)

ロールスクリーンは、どのような場所で使うか、どういう用途で使うかによって、取り付け方法が変わってきます。ロールスクリーンの機能や、お部屋や窓にあった取り付け方をお選びください。

・【天井付け】窓枠内に収めた取り付け方法。
窓枠内に、すっきり納まり、空間が広く見える。
注意点⇒両端から漏れてしまう光に気を付ける。(特に遮光生地)

・【正面付け】窓枠上部の窓枠や壁面などに取り付ける。
窓枠を覆うので、光が漏れにくい、寝室や光を遮りたいお部屋におすすめです。
注意点⇒壁面の場合、下地があるか確認する。

窓枠内に収まるように取り付ける<天井付け>

「天井付け」は窓枠の内側上部にロールスクリーンを取り付ける方法です。
窓枠と一体化するため、見た目にすっきりとした印象になり、空間が広く感じます。

<注意点>
・窓枠ぴったりのサイズにすると昇降の際に窓枠に当たる事もありますので、窓枠サイズより左右1~2cm引いた幅に作るのがおすすめです。
・両脇の隙間から光が多少漏れますので、遮光ロールスクリーンを使いたい場合や、寝室など光が漏れるのを抑えたい場所には向きません。

ロールスクリーン天井付け 準備するもの ドライバーとネジとブラケット
※ブラケットは付属しています。
ロールスクリーンを引っかける為の付属の金具ブラケットを窓枠から3〜6cmのところに取り付けます
ブラケットを窓枠内側上部に取り付けます。
ブラケットの仮止めフックにロールスクリーンを引っかけ奥に押し込みます
ブラケットの仮止めフックにロールスクリーンを引っかけ奥に押し込みます
天井付け取り付け完了

窓枠を覆うように取り付け<正面付け>

「正面付け」は窓枠を覆うようにロールスクリーンを取り付けるため光が漏れにくく、より遮光性を高められます。遮光ロールスクリーンを取り付ける場合や、光漏れを少なくしたい寝室への取り付けにおすすめです。

<注意点>
・壁面に取付ける場合は、下地のある場所かご確認ください。コンクリート、石膏ボードには取り付けられません。

ロールスクリーン天井付け 準備するもの ドライバーとネジとブラケット
※ブラケットは付属しています。
ロールスクリーンを引っかける為の付属の金具ブラケットをネジで取り付けます
仮止めフックを取り付けたところ
ロールスクリーンを仮止めフックに引っかけます
カチッと音がするまで押し込みます
ロールスクリーン正面付け取り付け完了です