プリーツスクリーン採寸方法

プリーツスクリーンの取り付け方法は、大きく分けて下記の3つです。

【正面付け】窓枠を覆うように壁に取り付ける
【天井付け(窓枠内)】窓枠内にの上部に取り付ける
【天井付け(ボックス内】カーテンボックス内に取り付ける
【天井付け(天井直付け)】天井に直接取り付ける

大きく分けて、4つです。取り付け方法により、採寸方法が少し変わります。使用場所に応じて取り付け方法を選んで、その上で下地の有無を確認して、採寸をするとスムーズです。

下地の探し方はこちらのページも参考にしてください。(こちら☞


プリーツスクリーンは、製品幅について、スクリーン幅と、メカの幅がほぼ同じサイズなので、窓枠に入れても、光漏れがわずかで、納まりも非常に良い商品です。

窓枠を覆うように枠外に取り付ける【正面付け】

プリーツスクリーン正面付け
正面付けは窓枠を覆うように壁面または、窓枠に直接取り付けします。窓枠を完全に覆うように取付するため、横から漏れてしまう光漏れを抑えることができ、寝室などにもオススメの取付方法です。窓枠の上部に下地があることを確認した壁面、または、ビスを取り付ける幅のある窓枠に取り付ける方法になります。
(※コンクリート、石膏ボードには取り付けできません。)
プリーツスクリーン正面付け採寸場所
プリーツスクリーン正面付け採寸方法
プリーツスクリーン正面付けブラケット取り付け方法

窓枠内に収まるように取り付ける【天井付け】

プリーツスクリーン天井付け画像
天井付けは窓枠の内側上部にプリーツスクリーンを取り付ける方法です。
窓枠と一体化するため、見た目にすっきりとした印象で、空間に広がりを感じます。プリーツスクリーンはスクリーンの幅がメカとほぼ同サイズなので、窓枠ピッタリに取り付けることが出来ます。おすすめの取り付け方法です。
プリーツスクリーン天井付け採寸場所
プリーツスクリーン天井付採寸方法
プリーツスクリーン天井付ブラケット取り付け方

天井に直接取り付ける【天井直付け】

窓枠内ではなく天井に直接取り付けることで、窓を最大限に大きく活用でき、空間に広がり、天井を高く見せる効果がります。目隠し用の間仕切りや、一般の住宅の掃き出し窓などは、この取付方法を選ばれることが多いです。
※取付位置(天井部分)の下地を必ず確認ください。
プリーツスクリーン天井直付けイメージ画像
プリーツスクリーン天井付け(天井直付け)
プリーツスクリーン採寸方法:天井直付け採寸箇所
プリーツスクリーン天井付ブラケット取り付け方

カーテンボックスに収める【ボックス内天井付け】

プリーツスクリーンカーテンボックス内天井付け
天井などにカーテンレールなどを設置するためのカーテンボックスがある場合、こちらのカーテンボックス内に取り付けをします。
カーテンボックス内に上部のメカを隠すことが出来たり、ブラインドの「たまり」もこの中に作ることが出来るので、お部屋を広くスッキリ見せてくれます。
住宅の掃き出し窓や、オフィスの窓などにもカーテンボックスが用意されていることがあり、その場合、こちらの採寸方法を選びます。
プリーツスクリーンカーテンボックス付け
プリーツスクリーン採寸方法:カーテンボックス内天井付け
プリーツスクリーン天井付ブラケット取り付け方


プリーツスクリーンの製品サイズとブラケットサイズ

プリーツスクリーンシングルスタイル製品サイズ

※製品重量の目安(シングルスタイル) 製品幅2000mm×製品高さ2000mm 3.7kg
製品重量はスクリーンよって多少異なります。

プリーツスクリーンツインスタイル製品サイズ

※製品重量の目安(ツインスタイル) 製品幅2000mm×製品高さ2000mm 5.3kg
製品重量はスクリーンよって多少異なります。

プリーツスクリーンブラケットサイズと必要数・製品側面図

スリット窓・小窓プリーツスクリーンの製品サイズとブラケットサイズ

スリット窓・小窓シングルプリーツスクリーン製品サイズ
スリット窓・小窓ツインプリーツスクリーン製品サイズ
スリット窓・小窓プリーツスクリーンブラケットサイズと必要数・製品側面図